スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事情聴取は必至…“強硬論”も飛び交う元朝青龍の暴行問題(産経新聞)

【疑惑の濁流】

 1月の大相撲初場所中に知人に暴行したとされる問題で、元横綱朝青龍関に対し、警視庁は任意での事情聴取を検討している。男性との示談成立、角界からの引退-。民事上の責任は果たした格好だが、警視庁捜査1課や麻布署は今も捜査の手を緩めていない。会見やテレビ局のインタビューで暴行の事実を否定するかのような発言を繰り返す元朝青龍関の姿勢に、捜査員の口からは「強硬論」も囁(ささや)かれ始めた。北朝鮮を電撃訪問するなど活発な動きを見せている元朝青龍関。捜査の“決まり手”はいかに。(川畑仁志、中村昌史、大渡美咲)

 ■「殴ったら大変なことに…」と否定

 「誰でも分かるけど、本気で怒ってキレたらね、相撲取りですよ。大変なことになりますよ。それがなぜ、殴って鼻を折ったとか、1センチ、1ミリ曲がったとか、そんなもんじゃないですよ」

 スーツ姿でソファに腰を下ろした元朝青龍関はモンゴルから帰国直前の4月中旬、民放テレビ局のインタビューに淡々と落ち着いた様子で応じ、暴行問題を否定。さらに続けた。

 「こっちは現役バリバリの横綱ですよ。場所中ですよ。場所中で力がいっぱいで、本気で殴るということになったらね、大変なことになりますよ。もう、危ないですよ」

 元朝青龍関が公式の場で暴行問題に言及したのは、2月4日に両国国技館で行った引退会見と3月、モンゴルの首都・ウランバートルでの会見の2度だけだった。

 国技館では「メディアで流れたことと実際に起こしたことは、かなり格差がある」と悔しさをにじませ、地元では「暴行は一切していない」と自信に満ちた表情でモンゴル語で言い切った。

 元朝青龍関は1月末以降、両国国技館の支度部屋で報道陣に囲まれた際にも無言を貫くなど、自身がこの問題について公の場で口を開くことはほとんどなかった。そのため「真相」ははっきりとしていない。

 「『酔っていて詳しい状況を覚えていない』と話した。殴打したとは言っていない。もみ合ったという感覚だ」。

 “スポークスマン”を務めた高砂親方(元大関朝潮)は元朝青龍関が引退する直前の1月末、報道陣にこう説明。あの日に一体、何があったのか。

 ■西麻布で暴行?→示談 捜査は可能

 対戦力士のまげをつかんでの反則負け、泥酔して部屋の玄関を破壊、休場中のサッカーイベント参加、本場所直前のゴルフコンペ…。度重なる問題で、土俵内外で注目を集め続けた元朝青龍関。ついに土俵人生に終止符を打つことになった暴行問題の経緯を振り返ってみる。

 「朝青龍関に殴られた」

 飲食店の実質責任者の男性(38)が交通事故処理をしていた麻布署員に助けを求めたのは、今年1月16日午前4時過ぎだった。

 捜査関係者によると、同日午前4時ごろ、東京都港区六本木の路上で、酒に酔った元朝青龍関が店を出たところ、見送りに来たこの知人男性を車の中に連れ込み、顔を殴ったという。

 2人に何があったのか。発端については、複数の説が浮かんでいる。店を出た元朝青龍関にファンが駆け寄った際にトラブルとなったという情報のほか、被害者の男性が「今日はありがとうございました。今後も頑張ってください」などと言った後に元朝青龍関が「これ以上何を頑張れと言うんだ」といって怒り出したという情報などがある。

 男性は鼻骨骨折などの重傷を負い、全治1カ月の診断書を持参して、初場所終了後の1月25日、麻布署を訪れた。

 男性側は当初、麻布署に「謝罪してくれれば問題にするつもりはない」と説明していたが、謝罪がなかったことから弁護士と協議し、相談に訪れたという。

 捜査関係者によると、示談は1月29日付。「相手を宥恕(ゆうじょ=許すの意)する」とした上で、被害届を出さないとの内容で、示談金額や元朝青龍関と男性双方のサインが記載されていた。示談金額は1千万円を超えるともいわれている。

 示談は民事上の紛争を、裁判外において当事者同士の話し合いで解決することをいう。警察や検察などの捜査機関は処罰感情を踏まえて捜査するため、示談の成立は、刑事責任を問う上での判断に影響を与える場合が多いとされる。

 さらに、男性は示談が成立したことを受け、警視庁に対し、「今回の件を許し、被害届を出さない」という趣旨の説明をしている。すでに相撲界を引退するなど社会的制裁を受けていることも考慮すれば、問題はすでに「幕引き」との見方もできるのだが…。

 「今回の暴行問題は事実なら傷害容疑に当たる。親告罪ではないため、男性からの届け出で『事件』を認知している警察は今後、いかようにも捜査することは可能だ」

 捜査はまだスタートラインとみる警察幹部もいる。

 ■「一度は聴取」と警視庁 応じなければ…

 「いずれにせよ、元朝青龍関から一度は事情を聴かなければならない」。警視庁幹部は語気を強める。

 著名人の元朝青龍関が当事者となる問題だったため、社会的影響を考慮し、警視庁は現場を管轄する麻布署に加え、殺人や強盗など凶悪事件を専門的に扱う捜査1課を投入、同課が事件の指揮に当たっている。

 警視庁は当初、元朝青龍関に口頭で注意する「説諭」処分に加え、「示談が成立している」として起訴を求めない形での書類送検などで捜査を終えることを検討していた。

 ところが、元朝青龍関が会見などで「暴行の事実はない」と主張しだしたため、捜査関係者の中から「事情聴取しなければならない」という意見が噴出した。さらに、事情聴取しようにも活発に外国を訪問するなど国内の滞在が短いことから聴取が実現しておらず、進展せぬ捜査に業を煮やして“強硬論”すら飛び出している。

 「聴取に応じない場合や『完全になかったこと』と、否認すれば強制捜査に乗り出さざるをえない状況になる可能性もある。外国訪問も逃亡と受け取れなくもない」(捜査幹部)

 こうした意見について、藤本哲也・中央大教授(刑法学)は解説する。

 「示談というのは民事上の責任が完結したということで、刑事責任の有無とは全く別の問題。著名人の行動や発言が世間にもたらす影響は大きく、捜査当局はこうした観点も重要ととらえるはずだ」

 国技、相撲の最高位である横綱が酔って暴行し、相手にけがを負わせたとなれば世間の目も厳しく、捜査側もその流れに従わざるを得なくなるとの見方だ。

 藤本教授は元朝青龍関の“否認”が裏目に出る可能性を示唆する。

 「『反省していない』という判断材料となり、刑事処分が免れ得ない状況にもなるのではないか」

 ■厳しさ増す環境“天敵”やく氏は…

 「示談となった暴行を『やっていない』というのは筋違いでおかしな態度だ。子供じみている」

 相撲協会生活指導部特別委員会の外部有識者委員(退任)として一連の問題を厳しい視点で見つめてきた、漫画家のやくみつる氏は今回の暴行問題をこう断罪した。

 10月には引退相撲も計画されており、今後の活動について格闘家、ビジネスマン、政治家などへの転身など憶測が飛ぶ元朝青龍関だが、暴行問題に幕は引かれていない。

 さらに、ここに来て「本件」以外でも元朝青龍関を取り巻く環境は厳しさを増している。

 パチンコ店で出演を予定していたイベントをドタキャンしたとして、元朝青龍関と仲介したイベント企画会社が、都内のイベント企画会社から1500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こされているともいうのだ。

 やく氏は前代未聞の“奔放な横綱”にメッセージを送る。

 「日本とモンゴルの架け橋となる仕事を視野に入れているようだが、第二の人生を踏み出すのであれば、今回の事実を本人が受け止め、自身の口からありのままを説明するしかない」

 土俵際に立たされた元横綱の打つ手は、事実をきちんと説明すること以外にはなさそうだ。

【関連記事】
「面白くて独特」朝青龍、電撃訪朝から帰国
朝青龍、仰天転身プラン「庭師」になる!?
やくみつる氏、毒舌が裏目? 大相撲特別委員会
ドタキャンの元朝青龍関らを提訴 1500万円賠償へ
“お騒がせ”朝青龍、今度は映画俳優に転身!?アノ英雄役を…
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

9か月の長女を壁に投げつける…風俗店員逮捕(読売新聞)
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)
放鳥トキ、新たに産卵か 別のペアは今週末にもひな誕生(産経新聞)
ぜんそく治療中の半数以上で「コントロール不十分」(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴-水戸地裁支部(時事通信)

 筑波大大学院の長照二元教授(56)が、研究論文の実験データ改ざんを理由に懲戒解雇されたのは無効として、同大などに地位確認と2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、水戸地裁土浦支部であった。犬飼真二裁判長は「恣意(しい)的なデータ解析などの不正行為を指導、実行した」と述べ、長元教授の請求を棄却した。
 犬飼裁判長は「懲戒解雇は学外の専門家を含む調査委員会で検討し、慎重に判断された」と指摘。解雇権の乱用には当たらないと判断した。 

【関連ニュース】
筑波大元教授の請求棄却=「論文データ改ざん」解雇訴訟
田辺三菱製薬を業務停止=子会社が試験データ改ざん-16項目で薬事法違反・厚労省
病院理事長らを書類送検=カルテ改ざん、患者拘束死
小糸工業が役員処分=航空機座席の耐火試験ねつ造で
債務超過状態で購入勧誘=帳簿改ざん、運転資金に充当

中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官(時事通信)
「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)
常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)
<宮崎家族3人殺害>奥本容疑者 妻と義母殺害容疑で再逮捕(毎日新聞)
ビアガーデンがオープン 地産地消メニューも 栃木(産経新聞)

山形新幹線線路に女性=レール間に倒れ無事-4両通過、すき間で助かる(時事通信)

 16日午後8時5分ごろ、山形県高畠町山崎のJR山形新幹線高畠-米沢間の上り線路内で、女性が横たわっているのを新庄発東京行き「つばさ130号」(7両編成)の運転士が発見、緊急停車した。女性は2本のレールの間に倒れており、先頭から4両目までが通過したが、車体底部まですき間があり無事だった。
 県警南陽署や消防によると、現場は高畠駅から米沢駅方向へ約700メートル離れた線路上。運転士は発進直後に女性に気付き緊急停車した。女性は2本のレールの間にうつぶせに倒れていた。
 女性は呼び掛けに返事をした後、車輪と車輪の間から自力で脱出。病院に搬送されたが無事だった。列車の乗客約200人にもけがはなかったという。 

9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体-警視庁(時事通信)
<1Q84>「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
近所住民「まさか」 堺1歳男児死亡 病院搬送すでに冷たく(産経新聞)
「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相(時事通信)
<公取委>住友電工産業電線や協和電線など立ち入り(毎日新聞)

パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕-警視庁(時事通信)

 8日午後8時ごろ、東京都中央区日本橋茅場町の交差点で、パトカーに追跡された車が乗用車と接触した。その後も逃走車は事故2件を起こし、乗用車の男性ら2人が軽傷を負った。
 逃走車の男は車を乗り捨てたが、警視庁の捜査員が身柄を確保。中央署が9日、自動車運転過失傷害容疑などで逮捕した。
 同署によると、逮捕されたのは千葉県市川市大野町、自称廃品回収業石田宏明容疑者(44)。「職務質問されるのが嫌だった」と話し、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は日本橋茅場町の交差点で、右折してきた乗用車に接触し、運転手の男性にけがを負わせるなどした疑い。石田容疑者は現場から東へ約7キロ離れた地点で確保された。 

「立ち枯れ」「ガンダム」「敬老会」 新党「たちあがれ日本」の連想(J-CASTニュース)
神奈川県不正経理、元職員2人を詐欺容疑で逮捕(読売新聞)
「首相が大バカ者なら国持たぬ」鳩山首相が新官僚に訓示(産経新聞)
陛下が種もみまき(時事通信)
名張毒ぶどう酒事件 惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)

アフガニスタン 不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)

 アフガニスタンで行方不明になり、平野官房長官が2日、「誘拐」されたとの見方をしめしたジャーナリストの常岡さんは、94年に長崎放送に入社し、記者として活動後、98年に退社してフリージャーナリストとなった。アフガニスタン、チェチェン、イラクなど主にイスラム圏の紛争地帯を取材。帰国した際は各地で、現地の現状報告などを精力的に行っていた。

 過去にも訪問国でトラブルに巻き込まれたことがあった。01年には約5カ月間、グルジアで武装グループに拘束されたほか、04年11月にはロシア南部・イングーシ共和国のナズランで、取材用ビザ(査証)を取得せずに取材活動を行っていたとして現地当局に拘束され、国外追放処分となった。【飯田和樹】

【関連ニュース】
サウジアラビア:テレビで「予言」 レバノン人男性死刑に
ベルギー:「ブルカ」禁止 欧州初、法案成立へ
フランス:ブルカ全面禁止は「違憲」 国務院、首相に伝達
ボスニア・ヘルツェゴビナ:内戦の証し「希望のトンネル」
社説:イラクの7年 戦争から平和の時代に

「無罪となったら温泉に」奥西死刑囚の近況(読売新聞)
普天間移設 岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)
<桜開花予想>寒暖差大きく、担当者泣かせ…参入民間3機関(毎日新聞)
パチスロ「エヴァ」開発会社起訴=1億円余脱税-横浜地検(時事通信)
<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)

<ロールケーキ>ロールケーキ「お役所仕事」、17日発売 鳥取県伯耆町(毎日新聞)

 「お役所仕事」という名前のロールケーキが17日、鳥取県伯耆町内6カ所で発売される。「役場」をもじって1本898円。パッケージには「縦割り禁止」「たらい回し禁止」と書いてある。

 町と民間でつくる「町黒ぼくリゾート大山高原協議会」(事務局・町役場)が地元産原材料で開発。幸形信之会長は「ネーミングとは逆に柔らかく、スイーツらしい仕上がり。まじめに作りました」とPRしている。

 長さ11センチ、直径8センチ、340グラム。スポンジは竹炭を混ぜた米粉を使って大山の火山灰土“黒ぼく”を表現。クリームはカボチャのムースで町花の菜の花を表している。小麦粉、牛乳、卵、はちみつといった材料はほとんどが地元産。安来市の食品会社に製造を委託し、協議会が販売する。

 HOK伯耆店▽大山ガーデンプレイス▽大山望▽大山ロイヤルホテルなどで販売する。問い合わせは同協議会(0859・68・3161)へ。【小松原弘人】

皇后さま 旭出学園工芸展を訪問 日本橋三越で開催中(毎日新聞)
<シー・シェパード>日本側の対応批判 元船長起訴の方針に(毎日新聞)
<大学認証評価>静岡大大学院は「不適合」(毎日新聞)
「及第点いただきたい」就任1年前に森田知事(読売新聞)
公立・私立高「格差」残る…授業料無償化法成立(読売新聞)

課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書(医療介護CBニュース)

 東京都は3月24日、認知症対策推進会議の下部組織である「若年性認知症支援部会」(部会長=斎藤正彦・医療法人社団翠会和光病院院長)の報告書を公表した。若年性認知症は、失業で社会的な居場所と生活基盤を同時に失うなど、高齢者の認知症と比べて課題が多いが、その理解と支援体制が不十分と報告している。

 報告書ではまず、若年性認知症の具体的な事例を紹介。就業中の突然の発症、適切な医療機関の発見の困難、多額の医療費負担や失業で自己破産の危機に直面など、若年性認知症の本人および家族の現実を報告した。

 その上で、多分野にまたがる若年性認知症の支援制度が十分に活用されておらず、高齢者と比べて発症者が少ないことから、支援体制が不十分と指摘。絶対数が少ないため、既存サービスの活用を基本としつつも、若年性認知症の本人と家族を「公的支援」「医療支援」「介護支援」「職場を含む社会的支援」「経済的支援」の5つに整理して具体的な支援策を提案している。

 公的支援については、自治体の情報提供の強化と相談窓口の対応力向上などを挙げた。若年性認知症の相談者に対し、区市町村の認知症支援担当課の8割以上が、利用可能な障害福祉サービスを十分に説明していない実態などがあるためで、斎藤部会長は同日の部会で、「いつでも信頼できる情報を包括的に得られる仕組みが必要」とした。

 医療支援では、都内に医療機関が多数存在するものの、情報不足で十分な医療が受けられないとする声が多いと指摘。早期や重症などの症状に合わせた適切な情報提供や、医療機関同士の連携促進が必要とした。介護支援でも適切な介護施設が見つからないとする声が多いが、「若年性認知症を受け入れない施設はほとんどない」(斎藤部会長)という。ただ、若年性認知症の知見は一部の施設職員に限定されるため、ノウハウの共有が必要とした。

 職場を含む社会的支援では、就労継続支援が現実的な支援策との考えを提示。産業医と連携するなどして、企業内で早期に支援する体制を確立することが重要とした。経済的支援では、既存の支援策の活用を促進するため、企業や区市町村の相談窓口への周知を徹底するとともに、団体信用生命保険の高度障害認定基準の見直しの必要性を指摘している。

 都は報告書を受け、中でも経済的困窮が深刻な問題であることから、まずは就労継続支援の一環として、「来年度にも医師会における産業医の研修制度で若年性認知症の周知を促すよう働き掛ける」(福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課の松山祐一課長)方針だ。


【関連記事】
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都
認知症の人の支援に「地域のつながり」を
認知症の人を受け入れ、尊重するケアを
認知症高齢者の外出特性などテーマに31日にシンポ
認知症ケアで研究成果を発表―ニッセイ財団ワークショップ

首相、普天間の危険性除去「2014年までに」(産経新聞)
「お役所仕事」?実はケーキです 伯耆町(産経新聞)
主力工場の業務停止処分でお詫びのコメント、再発防止策を徹底―大洋薬品(医療介護CBニュース)
<金子みすヾ展>大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)
民主との「距離感」に悩む連合、内部から懸念の声(読売新聞)
プロフィール

いそむらふみこさん

Author:いそむらふみこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。